プリンターのインクは主に2種類

プリンターのランニングコストを下げるインクとは

高額な純正品に対して社外製インクは低価格

社外製品にもいくつかの分類がある

プリンターを購入した当初は純正インクで印刷していても、使い続けるにつれ、ランニングコストが気になり始めると思います。かつて主流だった熱転写プリンターなら電源を入れる度にリボンテープが減ることはないのですが、最近のプリンターは電源を入れる度にヘッドクリーニングをするため、殆どの機種でインクを消費します。つまり全く印刷しなくても、電源のオンオフを繰り返していれば、いつしかカートリッジが空になる訳です。とはいえ、電源を長期間オフにしたままだとヘッドが目詰まりして、今度はクリーニングのためにインクを大量に消費することになります。とにかくプリンターを使っていれば印刷以外でもインクが減りますから、そのことも含めて人気になっているのが社外製インクです。これにも互換型とリサイクル型があり、どちらもロープライスなので、純正品よりランニングコストを下げられるようになっています。

全ての製品がそうだとは言い切れませんが、登場初期に比べて社外製インクもクオリティーが向上しており、安くても高品質な製品が少なくありません。印刷結果で純正品と若干の差異が出ても、ぱっと見ただけでは良く分からず、目を凝らして観察しなければ判断できない場合が多いと思います。しかも違いが分かったとしても、どちらが純正でどちらが社外製なのか、断定するのは難しいのではないでしょうか。どちらにしても通常利用なら問題ない品質なので、業務で大量に印刷する法人でも社外製の互換インクが人気になっています。ただし互換製品には注意しておきたいポイントもあり、それがICチップの有無です。現在主流のプリンターではカートリッジにICチップを大抵埋め込んでおり、それによってタンク内の残量を把握します。ですが、互換製品の中にはICチップを搭載していないタイプもあるのです。その製品でも印刷は普通にできるので問題ないのですが、インクの残量表示には対応しません。なので残量をチェックしながら印刷したい際は、ICチップがある互換インクを選ぶのが秘訣です。

印刷コストを最大限に節約したい場合

最大限にランニングコストを節約したいなら、詰め替え製品を活用するのが上策です。これは空になった互換カートリッジなどへ、インクを自分で再補充する製品であり、手間が掛かる代わりに最もコストパフォーマンスに優れています。全プリンターで対応しているとは限りませんが、使用しているプリンター用の詰め替え製品が販売されている場合は、選択肢に加えておいて損はありません。

人気記事ランキング